Today, it's BEAUTIFUL DAY!!!!!
一人にして。
みんな好き勝手言う。

みんなやりたい放題。

列からはみ出したら非難の嵐。

でも、その列を正そうという人間はいない。

どうにかしたい。

でも、どうにもならない。

そのもどかしさが…とてつもなく嫌だ。





一人に訪ねれば、
“自分は悪くない。
あいつが悪い。”
と、押し通す。

別の人間に問えば、
“自分は悪くない。
あいつこそ悪い。”
と、同じ答えが返ってくる。

誰が悪いかなんて…今求めている答えは違う。

みんながみんな、自分を正当化しようとして…私は誰を信じればいいのかわからない。

善を見つけたいわけじゃない。
悪を懲らしめたいわけじゃない。

私は…事実が知りたいだけ。





“助けて。”
と、誰かの手を掴もうとする手がある。

必死に差し出そうとする手を掴もうとすると…周りは
“止めろ。”
と、私を羽交い締めにする。

悲痛な叫びに耳を傾けるなと…。
面倒なことに首を突っ込むなと…。
みんな、私に冷たい視線を向ける。

自分に火の粉が降りかからないように、必死に払い除けている。

涙をこらえ、助けを求める声に…みんな、聞こえないふり。

私には耐えられない。
限界だから、どうにもならないから、助けを求めているのに…。
見て見ぬふりなんて…私にはできない。

でも…一体私に何ができる?

自分の非力さに絶望するだけ。





誰を信じれば。
誰の声を聞けば。
私には何ができるのか。





誰も信じられない。
誰の声も聞きたくない。
そして…
私には何もできない。





そんなこと…ずっとわかっていた。

わかっていたのに…学ばない私は愚か者だ。

誰かを信じれば裏切られる。
誰かの声を聞けば非難を浴びる。
何ができるかと自問自答すれば絶望感に苛まれる。





一人になりたい。
一人でいたい。

同じ苦しみをあと何度味わえば、私は学ぶのだろう。
同じ辛さをあと何度味わえば、私はここから逃れられるのだろう。





何度も何度も…同じことの繰り返し。

自分の愚かさにヘドが出る。





誰かを信じたいと思えば思うほど苦しい。
助けを求めた人を助けたいと動けば動くほど無力さを感じる。

それでも誰かを信じたいと願う私自身を呪いたい。
誰も助けられないのに、助けたいと思う自分が憎い。

もう…一人にして。

誰も期待しないで。
誰も求めないで。

非難したければすればいい。

愚かな私に…何も求めないで。





【soliloquize】 21:36 comments(0)
COMMENT










(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.